潜水日記

思考の記録です。

 数日前の日記

 透明でありたい。はやく厄介な自意識から解放されて、もっと別のことについて考えたい。それは順序が逆なのでは。外側を見ることで内側が相対化されるというイメージ。だから、内と外のバランス、どちらへの洞察も不可欠ではあって、問題はバランスなのだと思う。

 落ち着きたい。

 冷静でありたい。

 静かでありたいし、やさしくありたい。

 どんなに暴風の中でも、轟音の中でも、ゆっくりと確実に言葉にできる力が欲しいなと思います。そしてそれはなるべく私の実感と繋がった、肉のある言葉であってほしい。

 

 犬に噛みつかれたとき、私は自分の血が体内で煮えたぎる熱さに目の前が真っ暗になり、次の瞬間、犬は近くの壁に鈍い音でぶつかった。私は足首のスナップを効かせ犬の胴体に蹴りを入れ、その肌で重さと毛並みの柔らかさと肉の確かさを確かに感じた。噛まれた箇所は血で滲み、痛みよりも痺れがはしる。噛まれたくない恐怖が血流にのって体内をめぐり、この愛玩犬を思いっきり踏みつぶしてやりたい衝動をどうにか押し殺す。代わりに噛まれないよう手足をバタバタを振り回して私はその場から急いで立ち去った。そして誰もいないところで吐くように泣いた。悲しくて恐ろしくて、仕方がなかった。

 いざとなれば人を手にかけることも厭わない人間なのかもしれない。そういう凶暴性の気配を感じた。私は自分の中に化け物を飼っているし、それは私だけではないかもしれない。相手を屈服させたい。否定したい。そういう欲が確かにあって、でも体はまだストッパーになる。殴るわけにはいかない。蹴るわけにはいかない。最後の砦がこの腕であり足であり肌であった。

 私は銃を持っていた。言葉にする方がより簡単で、弾丸となって発射された言葉が相手の腹を打ち抜く感触を私は肌で感じることができない。直接には。そういう銃を持っていることを忘れないこと。そして他人が不特定多数手あたり次第に撃ちまくる弾丸を自分から浴びに行くような真似はしないこと。

 

 犬のくだりは私の実話。いつの出来事かは秘密だけれど。私はその時心底自分に幻滅したし、でもそういう衝動を知ることができたのは良かった気がする。他人事だと、自分は関係ないと思うよりは、絶対マシだと思った。

 

 それ以来、動物に触れること、特に犬は苦手。