潜水日記

思考の記録です。

一週間

屹立と立ち並ぶビルをぼんやりと眺めながら、私はスターバックスコーヒーの新作のピーチなんとかフラペチーノと格闘している。店員さんがはめてくれた(人の手は自分の手ではないから魅力的だね!)蓋をぱかりと外して、緑色のストローで生クリームをすくっては口に運ぶ。ストローはもちろん飲み物を飲むことに特化した構造をしていたから(一方夏祭りの屋台のかき氷屋さんのストローは氷をすくうための形をしている。嗚呼!夏祭り!)ゆるんだ生クリームはあっけなくフラペチーノの海に落ちてゆく。それでもすくえる分の生クリームを食べたところで、唐突にいちごのショートケーキを食べたくなる。こんな風に何かを食べているときに、他の食べ物をあるいは上位互換(冷凍うどんを食べながら本場香川県讃岐うどんを食べたいなぁ…)を思い浮かべてしまうのは私の癖で、「上位互換」なんて言葉はきらいなのにあっけなく使ってしまった。なんてこった。冷凍うどんもとても美味しいのに。

ずーずーと甘いシロップのような液体を飲んでいると、今度は「8月8日はいつだっけ」ということを考え始める。8月8日に公開される動画があるのだ。今日は8月3日で、一昨日の土曜日が8月1日。そこに7日加えれば8月8日なのだから、8月8日は次の土曜日ね。そこで私はあることに気づく。7日を足せばいい?つまり1週間は7日でできている?7日?ほぼ10日間では?(厳密には違う。7日間は10日間よりも5日間の方が近い)

愕然とした。1週間は7日で、できている!

 

そりゃあ、1週間いこーる7日というのは理解していますが、実感を伴っているかというと話は別なのだ。つまり私がなんとなく「1週間後の土曜日楽しみだなぁ」と思ったが最後、その間の7日間はただの7日間になる危険性があるということだ。1週間を見送るなど簡単なこと!なんとなく過ぎた1週間は私の寿命が7日削り取られていることと同義では?なんてこった。ずーずー(桃の果肉がストローに詰まっている)。

 

7日。1週間先という呼び方がダメなのかもしれない。7日後。ほら、ちょっと遠くなった気がする。