潜水日記

思考の記録です。

削ぐ

 1週間日記が書けなかった。

 手書きでノートに日記めいたものを書いていて、特に毎日書くという決めごとは無い。唯一決めているのは、日付は赤文字で西暦から書くことだけ。1週間くらい空くことは珍しいにせよ、1日おき2日おきなんてのは普通だ。

 忙しかったから書けなかった、ではなく、忙しくもなんともないのに書けなかった。それはちょうど若手人気俳優の自殺をきっかけにして?どうだろうな。ちょうど7/19の日記にこのことを書いている。色々と思ったことを。そしてその日食べたゴーヤーチャンプルーがとても美味しくて、毎日毎日ゴーヤーチャンプルーを食べたいということも書いている。ゴーヤーチャンプルーは美味しい。本当に、美味しい。

 つまり調子が悪いということなのだけれど、まあ、調子には波があるから別に悲観はしていない。いずれは回復するだろう。そう思えるだけで救われる。もっと救われたいからよく知らない漫画でも電子書籍で買うかと思って、パソコンの画面を見ながら途方に暮れている。漫画の買い方を私は知らない。漫画を買うのは難しい。そして私は書籍で安易に救われようとしがち。実際これまでも幾度となく救われてきた。

 

 色々削がなければいけないと思っている。〈インターネット〉はもう駄目だ。それで分かった風になるぐらいならパソコンなんてぶっ壊してしまえ、でも私はキーボードをカタカタ鳴らすのが大好き。それならスマホを割ってしまえ、タブレットを叩きつけろ。まあ割る気はないな…行動に移せないのに思い付きだけは達者なのが私という人間の信ぴょう性の問題につながっていて、まあそれは別の話か。

 本当に、削がなければならない。多分私はこのままでは駄目なのだろうと思う。これからもここで何かを書くことに変わりはないけれど、まあ、色々と。

 私は何にもわかってない。何をわかってないかもわからないが、まあ、ぼちぼちやろう。さて、部屋の中を片付けるか。