ベランダの実験室

思考の記録です。

雪解けの音(20190210)

 郵便物が届いているとか届いていないとか、とにかく本人出てこいやコラ(宅配のお兄さんはそんなこと言ってないですよ念のため)ということで、ぬくぬくと布団にくるまっていた私は外の世界に放り出されました。寒い中本当にご苦労様ですという労いの意を込めて「はーい」と明るく声を出して玄関の外に出た私は、そこで雪が解ける音を聞きました。

 雪が降ったようです。日差しが雲の隙間からのぞき、なんとなく世界がきらきらと輝いているようなそんな朝です。しとしととどこからともなく音が聞こえます。聞こえてすぐに「あ、これは雪があちこちで解けてそのしずくがぽたぽたと何かに当たり生まれる音なのだな」とわかりました。とても綺麗だった。

 そんな音を聞けたのだもの、今日、郵便物が届いて良かった(てっきり一週間後に届くものだとばかり思っていた)。そう思って私はすぐにまた温かさを残す布団に潜り込みました。