ベランダの実験室

思考の記録です。

嫌なことについての文章(20190115)

  世界には嫌なことある。心底うんざりするようなこと。でもそこに対して自分は怒りとか憤りとか悲しみとか感じていないのではないか、って思ったのだった。

  どう足掻いても自分の理想となる世界が生まれないのはフィクションを、少年漫画を、読んでたら嫌でもわかることで、世界を思い通りにしたいと思うことはとても傲慢で無駄なことなのだといつからか考えるようになった気がする。それでも私はかなり我儘な人間なのだと思うけど。

  だから「こうあるべきだ世界よ」が裏切られ続けた結果、それは他人(と世界)に対する絶望に転じてますますの引きこもりを助長するしかなかった。私の場合は「変わんないな世界」が「変えよう世界」にならなかった。

  ということで、本当に嫌なことばかりなのだけど、嫌であることとそれに対して怒る事が完全に切り離されててこれは大丈夫なのか?と思っている。嫌すぎてもはや私の想像を超えてる。私の行動の選択肢にないことだらけなのだもの。でも私も結局同じことをしていないか?という内省は必ずセットになってくる。答えがわからない。どう、自分を点検していいかわからない。

  もう巻き込まれたくないし、語ることそのものが駄目な気がするし、多分核心からはどんどん逸れるから何もしない方が良さそうだけど、ではどうすればいいかわからない。

  私は私の個人的なところで戦うしかないのか。半径5mぐらいしかせいぜい対処できない。私がもし酷いことになったら静かにそこを去るのだと思います。捨て台詞の1つや2つを残して。正直に思ってることを言えば、人間ってそんなに劇的に変われることばかりではないし、だから酷い事があったら誰にも迷惑かからないように死んでくれないかな、それが叶わないなら転んでくれって思ってしまう。その人の長い人生の中で、出来るだけ幸福が減っていけばいいなって思ってます。この世界のどこかで。

  どうすればいいのだろうと思うけど、人間がもう少しきちんと自分を好きになって自分の周りにいる好きな人のことを考えて、さらにその人の好きな人のことぐらいまで考えられれば、世界は良くなるのだろうか、と思いながら私は大好きなタピオカミルクティーを飲んで帰りました。