ベランダの実験室

思考の記録です。

言葉を取り戻す試み

気が付くと容赦なく月日が過ぎていくのがよくわかったので、それに逆行すべく最近あることを始めた。「日記」である。

 

私は日記がまるで続かない人間であった。

ノートを意気揚々と買い込むものの、それをずっと使い続けることができない。そもそも日記に書くことなどないのだ。私はいつも言葉を散発しているから。言葉を続けることができない。日記は続かなかった。

そんな私が、日記を続けることにした。書くことは何でもいい。コツは自分の内面を書くのではなく、今日見たこと聞いたこと嗅いだこと知ったことを書くことだ。内面を書くと疲れるので、今日どんなことがあったのかできるだけ客観的に書くつもりでノートに向かう。自然と「自分はこう思った」ということが文章に入ってくるので、それに身を任す。

日記を書きたいのは、今日を残したいからだ。今日が今日だと振り返ることができるようにだ。できるだけ生きることを前向きに消化したいからだ。でないと、私はこの人生を持て余してしまう。

 

同じようなことばかり言っている。きっとそれが私の人生のテーマなのだろう。いいかげん実践したまえ私。