ベランダの実験室

思考の記録です。

コーヒーは苦いもの 他

コーヒーは苦いもの

ブラックコーヒーが苦手だった。

でも、ブラックコーヒーが飲めるようになった。

 

苦手なものがいくつかある。そのうちの1つに「レジの前」というのがある。

例えばマクドナルドに立ち寄るとする。私は普段マクドナルドには行かないので、今、どんなメニューがあるのかよく知らない。自分が何を食べたいのか、具体的なメニューを見ないとわからないし、その時の懐具合によって選択も変わるので、つまり、私はメニューの前である程度の時間をかけて考えたい。でも、それができない。

レジ列の最前列になる。店員さんからオーダーを聞かれる。ほんの少しだけパニックになる。私の後ろはずらっと人が並んでいる。店員さんは「早くしろ」と内心思っている気がする。私は自分が何を食べたいのか決まっていない。目の前に広げられたメニューの文字が読み取れない。セットとか何が何だかわからない。値段はどこに書いてあるのか、飲み物はどこから選べばいいのかよくわからない。いいや適当に、一番左にあるセットメニュー選んで、「アイスティーで」といえばいいだろう。大概どこにも紅茶は置いてある。

 

レジが苦手だ。そんなに慌てる必要はないことを承知の上で、しかし慌ててしまう。なので、セルフサービスのお店では注文するものが一緒になりがちだ。

スターバックスならココアかアイスコーヒー。なんとかフラペチーノとか絶対頼めない。フラペチーノかラテか判断するだけで時間使うしもう無理。事前にHPなどで調べないと注文はできないだろうなぁ...。その他、タリーズでもドトールでも、どんなお店でもアイスコーヒーは絶対あるので、アイスコーヒーを飲む機会は多い。

ブラックで飲めない。必ずミルクとシロップを1つずつもらう。本当はシロップは2つ欲しいけれど、言えなかったりするし糖分摂りすぎかなぁと思って自粛している。ブラックは苦い。

 

が、今日、ブラックコーヒーを飲めるようになった。

コーヒーって甘くなくていい飲み物だ、ということに気がついたから。

 

私は烏龍茶に砂糖は入れない。緑茶も甘くはない。麦茶も甘くない。じゃあ、コーヒーも甘くなくていいですよね。甘くない飲み物なんですよコーヒーって。だけど缶コーヒーには微糖がある。ミルクも入れていいし、砂糖もOKだ。コーヒーの入口が微糖だったからか、ブラックが受け入れられなかったけれど、そうだ、お茶と同じように考えればなんてことない、苦い飲み物なだけでした。

 

ということで、今カタカタとこの文章を書きながら、お供はブラックコーヒーです。

 

自分語り

いいかげん自分の事を考えるのに疲れた。底が見えてきた。底というか、もうこれ以上掘っても何も出てこない気がしてきた。掘り続けるには、何か新しい物事に出会うか、新しい感情を得るか。つまり、今の自分では限界だ。なので、出かけないといけないのだろうなぁ...と思っています。少しずつ、ね。

 

響かない

ブログやTwitterを読むのが好きだ。好きなのだ。好きなのだけど、実は自分の中で何も響いてないのではと思ったのでこれを書く。

響いてないわけない。その人の文章が好きだから私は読むのだ。その人が見た景色を知りたいから私は文字を追うのだ。気になるから、定期的に立ち寄るのだ。それでも「響いてない」と私は言うのか。

響いてないと思う。というか、自分の中にその人の言葉が浸透しているのだろうか。本当に、文章の意味が分かっている?書かれている感情がわかる?イメージできている?本当に?

 

現実感がないことについて、以前考えていたことがある。実感って何だろう。どうしたら「感じている」って言えるだろう。私はきちんと感じているのか。考えているのか。わからない。どうしたら確かめられるのか。ふわふわしていて不安だ。そうしてモヤモヤしていたことがある。

戻ってきた。

結局「考えても仕方ないよな」というところで落ち着き、今日まで無事に過ごせてこれたのだけど。考えても仕方がない。

ふわふわしているから、せめてそのふわふわを言葉にして、形をつけられないか、と思ったのだ。だから、私はよく文章を書いている。