ベランダの実験室

思考の記録です。

単語なタイトル

googleで「星野源 歌詞」と検索をした。

 

最近、星野さんの歌を聴いていない。アルバム『Stranger』が好きで、中でも「フィルム」に惚れてその後もちょくちょく聴いていて、最近星野さんの曲聴いていないなぁ...という感じだ。「恋」らへんから怪しい。

それは別に星野さんに問題があるわけではなく、かといって私の方にも積極的な理由があるわけでもない。強いて言えばこちらのちょっとした心境の変化、かもしれない。

 

実は。星野さんの歌詞のタイトルのような文章を書きたいなと思っていたりする。久々にそのことを思い出して、今日は「星野源 歌詞」と検索したのだ。

気になったタイトルを挙げてみる。

 

営業

季節

グー

子供

キッチン

湯気

 

とか。

 

単語から連想される星野さんの独自の世界観。見ている風景。私も自分が見ている風景を言葉にしたい。あっさりとした文章が書きたい。文章のタイトルはできるだけ簡潔に。めちゃめちゃでもいい。文章と関係なくても、もしかしたらいいのかも。いつか自分が書いた文章のタイトルをずらっと並べたときに、短い言葉たちがざざざざと並んでいればいいな。

 

イメージはインスタと同じかもしれない。写真がずらららと並ぶように文章とタイトルをひたすら並べたい。

 

私は自意識が高くて、いつも自分の振る舞いだとか嫌な部分とか、よく自分の事を考えているのだけれど、いい加減そういうのやめたいなと思うことがある。数日経てば元のようにウジウジ考え事をしているけれど、少しずつ違うことを考えられたらいい。例えば、ミルクティーのこととか。いや、ミルクティーって自分の家で美味しく作れるものなんですね。しかもなかなか美味しいし。自分のことじゃなくて、自分の事以外のことを、できれば感動を、下手なりに言葉にできればいいなと。誰の為でもなく、自分の為でもなく、息をするようになんとなく文章を書けたらいいな、なんて。

 

そのうち「ミルクティー」というタイトルの文章が生まれるかもしれない。