ベランダの実験室

思考の記録です。

20171016 問題ありの私

私には問題がある。

例えば、私はよく泣く。悲しくて泣くのではない。悲しくて悔しくて泣くときもあるけれど、大概は整理しきれない感情が押し寄せて、思わず泣いてしまう。突然泣くからきっと周囲には引かれてしまうだろう。そう思うから、私は人前で泣くのが嫌いだ。隠れて泣きたい。

例えば、私は見栄っ張りだ。つい自分を偽ろうとするしプライド高いなぁ…私、と思う。そのプライドの高さがバレバレだろうと思うとそれも嫌である。周囲に助けを求めることも苦手だ。

例えば、私は頭が悪い。効率が悪い動きしかしてないし、私の中の色々なものが邪魔しているような気がする。どうして私はうまく生きることができないのだろうと考えてしまう。どうして、うまくいかないのだろう。

例えば、以上のような考えを想像巧みに頭の中で広げてしまう。妄想の歯止めがかからない。落ち込む。


そんなことで、まあ、私という人間は色々と足りない。色々と問題がある。


数年前までひたすら自分の中で自分を痛めつける口実であったこれらの問題は、しかし、痛めつけたところで消え去るわけではないことを知った。

それからは、うまくいかなくても、うまくやれなくても、別にいいのだと思うようになった。とりあえず自分が真面目に物事に取り組んでいるということに気づいたからだ。自分で言うのもなんなのだけど。


今の私はやりたいようにやってきた結果である。望まぬことがあったかもしれないが、望まぬという事含めて私のやりたいことだった。それはわかっていたから、あまり現状に憤りは感じない。


別に、うまくいかなくたって生きていっていいのだ。悲しまなくたって、いいと思う。