ベランダの実験室

思考の記録です。

20170921 労働と時間を奪う人

労働をしている。

私はフルタイムで働いている。


「えー院生だと思った」「大学院行かないの?」とそういえば言われた。結構この言葉が嬉しかった。なんでそう言われたのでしょうね。あまりに社会に馴染めなさそうだからかな。もっともな意見だと思います。


大学院に行くより働く方がありそうな道で、多くの人が歩んでいそうで、積極的に人生を生きる意志もなくて、私は働いている。

働くと周りは安心してくれるし、私も安心する。お金がないと、本も買えないし行きたいときにカフェも行けないし音楽も聴けないし食べ物も食べれないから。もう、あまり誰かにお金を頼って生きていくのは嫌だったから。私は働いている。


新しい環境で働いている。ここ数日早く帰ることができなくてイライラする。自分のミスもあるけれど、自分ではどうしようもない理由で帰りが遅くなることがある。まあ、まだ早く帰れている方なのか。

それにしても定時って言葉が形骸化していて、ちょっとこれどうにかして欲しい、と思っております。みんなさっさと仕事して、さっさと帰ろうよ。1人1人の余裕が生まれればお金も使うし経済が活性化するよ?って思うのだけどな。


そして、人の時間を奪う人がいる。同じ内容を、1/4に縮められるだろうに…と思う人とそこそこ出会うのだ。そして私はそれにとてもイライラする。あなたはそれでいいのかもしれないけど、時間はあなたのものばかりじゃないのだけどなーなんて思いながら過ごす。その人に私の時間を使わせないようにするためにはどうすればいいのだろう、なんてことを考えている。実際私にも隙があるわけで。とりあえずそこを埋めてから真剣勝負なわけで。

とても困った。時間に無頓着な人が苦手です。

が、人から言わせると私の方こそ浪費の塊らしい。無駄な作業が多いのだって。そうか…見直さないとな。


働くって難しい。