ベランダの実験室

思考の記録です。

しんどいので何がしんどいか書き殴ります

状況:5年ぶりくらいに会う、学生時代の友人たちとの食事会@普通のショッピングモールにあるお洒落なカフェ


・単純に歩き疲れた

・自分の近況を話すのがだるい

・気を遣う

・この歳になると現実味を帯びてくる「結婚問題」

・結婚する気もない、ということをバッサリ言ったら若干引かれてしまったことについて

・仕事が大変なのは知ってんだよ それをいかにやりくりするかの問題であって、だから仕事つまらないとか確認するための会話って無意味じゃない?

・早く帰りたいけど、帰るって言えない

・これ家にいた方が充実してたのでは?と思ってしまう自分に苛立つ

・事実、休みだけど休めてなくて悲しい

・こんなこと言ってるからいつまでも私はダメなんだと落ち込む

・酷い態度をとっていたのではないかと落ち込む

・生きることって面倒だなと思ってしまうことに落ち込む

・協調性がなくて悲しい

・この感情にしみじみ浸っていたくて今日のことを書き殴りたいのに心底疲れている


と言うことで、まとめると、こんなことしてるから数えるほどしかない人脈をさらに減らすことになって、悲しいな、ということになるかと思います。

さっさと寝ることにします。