ベランダの実験室

思考の記録です。

ムカついても、ムカついても。

 私は、性格が悪いと思う。

 性格が悪いというか、自分なりに考えて、人とおんなじように流されたくなくて、それを自分のなかで全うしようとして、まあ、理解されない。

 

 最近はそれに加えて、自分の心が荒んでいるのかなんなのか、とにかく負のオーラが自分からにじみ出ているような気がする。

 具体的に言うと、街中で人とぶつかったり満員電車で我先に出ようとする人を見たり並んでいる列を無視して割り込む人がいたり、そういう人たちを見て「とにかくその人たちの人生、不幸になったらいい。ロクなこと無いぞ!」と思うことでしか負のエネルギーを発散できていない状況。とりあえず、帰り道に思いっきり転んで!って思ってしまうのだ。これはだいぶマズい。そもそもそんなところに引っかかっているあたり、精神的に余裕がない証拠のような気がするのだ。

 

 私は自分が気が利く人間だとは思っていないが、小さなころから定期的にムカついてしまう非常に鈍くて自分勝手な人間がそばにいて、いまだにそれを消化できていないことを最近になって改めて思い知らされた。とにかくイライラする。当の本人は全くダメージを受けていなくて、どうして私のほうが勝手にキリキリしないといけないのか。なんで私の方が我慢したりしているのに、あいつは悠々自適に過ごしているのか。ただただ腹立たしくて、ついに私はひそやかに宣戦布告をした。端的に言うと、もう無視。ひたすらに無視。本人と関わることは一切しない。声もかけない。何もしない。もう私は振り回されない。そう思っていたはずなのに。

 

 結局ダメみたいだ。戦いを挑んだところで、相手からは返り討ちに遭う始末。私がなぜそういう態度をとっているのかすら、自分自身に問えない人間だっていうのは知っていたはずなのに。私は何を期待していたのだろう。

 

 ということで派手な宣戦布告はあっけなく取り下げることにするけれど、心の中では祈る。近しい身内であるはずだけど、どうか幸せにならないでほしい、と。

 

 ムカついても、ムカついても。

 その相手はピンピンしている。平気で幸せになっていく。ああムカつく。イライラする。悔しくて悔しくてどうしようもなくて、でも相手はちっともダメージを受けていない。ただただ私の手のひらが血で汚れるだけ(もちろん何も物騒なことはしていません。あくまで比喩です)。

 そういうときはどうすればいいのだろう、と考える。

 忘れる。自分にとって心地よいもので己を満たす。私も幸せになる。ムカつく人を永遠に私の中から葬る。消し去る。無い者として考える。不幸を祈ってもダメ。それは考えているということだから。もう存在を消すレベルで、考えないようにする。私から遠ざかる。

 

 私がいくらキリキリしても嘆いていてもムカついても、悲しいことにわかってくれる人はいないだろう。わかってもらえることを期待してもおかしなことになるだろう。同情を求めてはいけないんだなぁ。そんなことを考えていました。こんな感じの日々だけど、実は滞っている問題がない。だからこそ、ちょっと怖い。疲れているのかなぁ。それはマズいなぁ。