ベランダの実験室

思考の記録です。

憂鬱な野郎が心に忍び込んできた時の対処法

 タイトルの通りです。ここ1週間ほど比較的テンション高めに日々を過ごしていたツケが週末の今日になってやってきました。テンションというのは上がることがあれば下がることもある。ジェットコースターだって位置エネルギーが高ければそれだけ速度も速くなるでしょう?違うっけ。できるだけその上下の幅を抑えるのが策ではあるけれど、上がってしまうものは仕方がない。また這い上がるために思いつく限りの策を挙げます。

 

さっさと寝る

 まずはこれ。さっさと寝ることは非常に有効な策です。私は睡眠については何の悩みもないのでそれを活かす手はありません。眠ることが容易いのにだらだら起きているのは、そりゃあ調子が悪くなる一方です。さっさと寝なさい私。

 

食べる 

 これも大事。できれば食べることに集中して「ああこの鮭美味しいなぁ」と思えたらこちらの勝ちです。明日も生きていけます。好きなものを食べて気分が回復する性質の持ち主なら尚効果的か。あいにく私は好きなものを食べても元気にはならないので、食べることそのものに集中するようにしています。

 

着替える

 着替えることも大事。パジャマのまま家にこもりっきりにならない。家に引きこもるのは仕方ないにしてもきちんと洋服に着替えること。スウェットなど楽な服ではないものを着ると尚良し。ジーパンとTシャツだけでだいぶすっきりする。

 

浴槽を洗う

 「水に流す」という慣用表現にもあるように、具体的に水を使うことも効果的。風呂洗い、食器洗い、車の洗浄、洗濯など、水を使って行える作業をしていると気持ちもぐっと楽になります。まあその作業をするまでが大変なので、日頃から習慣づけていると良いですね。私は綺麗なお湯を張ってお風呂に入るのが好きなので、強制的に風呂掃除をするように日々の作業に組み込まれています。

 

カフェに行く

 カフェというものはサイドメニューに手を出さなければ、比較的手ごろな値段で居心地の良い場所を手に入れることができる素晴らしい空間です。場所や時間を見極めて、人ができるだけ少ないカフェと時間帯を選び、気に入っている珈琲やらなんやらをオーダーし、そこでとりとめもなく心に浮かんだことを紙に書いていると、だいぶスッキリします。

 

料理をする

 これも効果的です。もはや食べるためにというよりは、自分の事を忘れるために調理に没頭するのもありです。餃子を作るのが今のところ最も良いです。具を作り皮で包む作業をすると無心になれるし、おいしくてお腹が満たされるし。

 

外に出る(ただし誰もいないところへ)

 外に出かけるのも良いです。ただしあまり人がいないところの方が良いです。そこを間違えると、出かける前より悪化させて帰宅することになります。気分が落ち着いているときにいくつか場所を見繕っていると、こうして余裕がないときに行動するハードルが下がるので良いです。

 

買い物をする(注意)

 ちょっと危ないけれど買い物をするのも良い。特に買いたいものが大体決まっていると良い。危ないところは、全然成果がなくて帰るような事態になったとき。買い物の満足感が得られるならば買い物は効果的そう。

 

落ち込んでないときに対処法をリストとして作っておくことが大事

 日頃からこんな憂鬱な気持ちにならないように予防線を張っておくのが一番大事だと思うけれど、そうはいってもいつ何時どんなことで落ち込むかわからないのも正直なところです。ちなみに今日私が憂鬱な野郎の侵入を許したのは、知り合いが「この後食べに行く用事があってさ~」と言ったことからでした。その知り合いが悪いわけでは全くなくて、明らかに私の側の問題なのだけど、にしても落ち込む。

 

 今日はさっさと寝ることにします。憂鬱な野郎が夜のうちに私の心から出ていったくれることを願って。

f:id:dorian91:20170526214739j:plain