ベランダの実験室

思考の記録です。

【SWITCHインタビュー達人達】「中島美嘉×坂本眞一」の思考記録

 『SWITCHインタビュー達人達』の中島美嘉さんと坂本眞一さんの回を見ました。

 すごく面白かった。中島さんが出るーーーと思って見ようと思ったのだけれど、対談そのものが面白かった。

f:id:dorian91:20170507190937j:plain

 

 この対談は、中島さんが漫画家である坂本さんの著作の中のキャラクターのファンであることから始まったみたい。相当そのキャラクターが好きなようで、撮影当日の服装もキャラクターをイメージしているみたい。すごいファッション。だけど違和感なく着ることができているのが、素敵。

 この対談で感じたことをまとめようとするならば、どうやってまとめてみようか。そう考えたときに、別にまとめなくてもいっかな、って思ったところから、話は始めてみようかな。

 

切り貼りされた世界

 こうして感想を書こうと思ったとき、どうしても対象をまとめようとする。感じたことを時系列の順番にただ羅列しても仕方がないしわかりにくい。私は文章を書くときに今のところは意識して気を付けていることはないのだけれど、それでもただ無秩序に文章を書き始めるということはない。

 感動したから、気になったからこうして文章を書いている。その動機自体がある種のフィルターの役割をしている。この文章を通して番組の内容があなたへと届くまでの過程で存在するフィルターだ。つまり、私だって自分の心に触れたことしか書いていないわけであり、大して気にならなかったことはこの文章上には出てこないということだ。それと同じ事が、きっと色んなことに言うことができる。

 私はこういう対談が好きだし、ドキュメンタリー番組も好きだ。『情熱大陸』や『プロフェッショナル』なんかもたまに見る。対象について色々なことが語られているし、本人も語るけれど、きっとそれは誰かのフィルターに濾された結果だ。それが悪いというよりは、そういうものだと思う。色々なことが。

 ここまで踏まえた上で私は何が言いたいのだろう。そうだな、今回の『SWITCHインタビュー』は無理にまとめよう、って気持ちがなかったような気がした。「気がした」だけなので、私の考えってだけのことだが。話の項目を時々テロップというか文章にするぐらいで、そうやって集まった文章たちをまとめることはしなかったような気がするのだ。わかりやすく言うと、「で、結局何が言いたかったの?」という感想を抱いてしまった。

 でもさ、そんなのでいいんじゃないかなーて私は思ったのだ。「まとめる」ということは強調する何かを選ぶと同時に、捨てるものも選ぶということだから。無理にまとめようとしなくてもいいんだ。多分。そんな生真面目じゃなくていいんだ。

 

言語化されたその人のこだわり

  印象的なこと1つめ。中島さんが日頃収録をしているスタジオを本人がご紹介しているシーン。中島さんのこだわりを色々と坂本さんに説明していた場面。色々と出てくる「こだわり」に私は最初圧倒された。中島さんはすごいこだわりを持っていて、彼女自身の「ルール」みたいなものがあって、それを外すと調子が出なくて、きっとそのルールは長年の試行錯誤の結果なんだろうなぁと思った。中島さんのワールドが広がっていると思った。思ったのだけど、これってものすごく特別なことなのだろうか?とも思う。確かに彼女は歌手で、その中でも独特というか独自の存在感を放っていて、そういうこともあってここまで歌ってきていて、私も彼女の楽曲に心惹かれている人間なわけで。そういう「特別」な人だけのものなのだろうか、「こだわり」って。

 私は人の「こだわり話」を聞くのが好きだ。もっと知りたいなぁと思っている。スポットライトが当たりがちな芸能人に限ったことじゃなくて、市井の人々のこだわり話ももっと知りたいと思うのだ。こだわりにはその人だけの世界が広がっていて、ルールがある。私がそれを完全に理解することはできないけれど、「ルール」があるということ、それがどういう経験を踏まえて構築されたのか、ってことが気になるのだ。ただ、そのこだわり話、言語化するレベルまで意識できているかというとちょっとわからない。だから私は『情熱大陸』とかが好きなのだ。その人のルールを番組側が掘り下げてくれたり、光を当ててくれたりするから。

 これも、多分私の「こだわり話」。

 

聞き上手

 印象的なこと2つめ。漫画家の坂本さんが聴き上手だなーと思った。テンションが上がるわけでもなく下がることなく、一定の温度でずっと中島さんの話を聞いていたような気がする(もちろん「編集」されているものを私は見ているので、実際はよくわからないけれど)。それは坂本さんのお人柄なのかしら?中島さんの話は彼女の芯に触れるお話ばかりで、そういう話をあの温度で聞き続けられるのはすごい人だ、と思いました。私もあんな風に穏やかに人の話を聞けるようになりたい。ぐぬぬ

 

流れ

 お二人に共通していたこととして「流れるままに今の職業にたどり着いた」という話があるのではないかな、って思う。もちろんここまでの道のりは並大抵のものではなく、色んな試練があったんだろうってのは想像に難くないのだけど、もっと最初の頃の話で、職業の入口に着くまでは、なんというか非常にゆるゆるしていたというか。中島さんのオーディション話なんかは「すげー」って思いながら見てました私。多分。多分なんだけど、本当にその職業を目指して頑張っている人はつらくなっちゃうんじゃないか、ってぐらい、流れるようにその入口にお二人はたどり着いたように思えたのです。

 そのことについては私は何も言うことはできないのだけれど、「人生流れるままに」ってことは1つあるよなぁ、と思うんです。未来から逆算して考える人生もあるのだろうけれど、誰も予定と同じような未来を得られるとは思わないんです。私は。「こうなりたい!」という意志自体はすごいものだし、いくらでも持っていていいと思うけれど、もう一方で予期せぬ何かを面白がるようなところも、私は持っていたい。自分の人生これでいいんだろうか?と考えたくなるのですけれど、その度に、私は今どういう状況なのか、何を感じて何を見て、私は生きているのか。感じていること見ていることって一体何なのだろうか。自分ができることはなんだろうか。ということを考えられたら、素敵なのかなと思いました。とても難しいことで、今の私はできていないけれど。難しいっすね。それでいいのかもわからないですし。

 「やりたい」という意志と、「流れ着いた場所で頑張る」ということ。ふむ。難しい。

 

 

 

 ということで、こんなことを考えました。面白かったなぁ。