ベランダの実験室

思考の記録です。

卒業式に出たくない件について

 私は、卒業式に出たくない。

 ということで、私は卒業式に出ないつもりでいる。なんだかんだで書類や証書は受け取らねばならないと思うので会場には行くだろうが、出ないと思う。服装についても日程は近いのに何も準備をしていない。

 

 卒業式に出たくない理由は、私の意地だ。

 だって、一緒に写真を撮ったり(そもそも私は自分を含めて誰かと写真を撮りたいなんて思わない人間なのだ)言葉を交わしたり別れを惜しんだりする人なんて誰もいないのだもの。だから私は卒業式に行かない。ただ、指導などでお世話になった人は数人思い浮かべられるのだけど…色々あったし迷惑かけたし祝福されるべき卒業ではないだろうから、会うのがとっても気まずい。だから、私は卒業式に行きたくない。

 

 思えば、乗り気ではないイベント事など、今までもたくさんあった。修学旅行も同級生と一緒に行くのが嫌で、私だけならいくらでも一人でどこにでも行くのに、なぜ他の人と回らないといけないのかそれが息苦しくて、苦手だった。休めるものなら休みたかった。「休む」という選択肢など、当時は存在しなかったのだけど。

 

 そりゃ、誰かときちんとコミュニケーションを取ることができる人間はすごいよ。立派だし偉いし、そういう風になったほうがいいってわかっている。でも、誰かとちゃんと仲良くなるべきだ、「○○するべきなんだ」なんて思ってしまうと、私がしんどいこの状態はなんなのだ、それっていけないことなのか、ってなんだかつらくなるのだ。

 

 きちんと服装を整えて卒業式に出るべきだ。誰とも話す事がなくても、そういう人がいなくても行くべきだ。お世話になった人がいるなら、加えて迷惑もかけたのなら、私は行くべきだ。だけど、私は行きたくないんだ。何か熱いものがぐっと喉の奥からこみ上げてくるくらい、私はそのことについて考えたくないんだ。

 

 ということで、私は今も迷っている。会場には行く。だけど、式には出ないかな。

 

f:id:dorian91:20170321204726j:plain

浜離宮恩賜公園(汐留付近)にて。まったく、こんなに世界は綺麗なのにな。それだけ楽しむのじゃダメなのか。