読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福の日々

私-好きなこと=ブログ、です。

私は机の中にJINSのPC眼鏡を忘れていた

つぶやき

 最近ショックなことがありまして…。

 タイトルの通り「机の引き出しの中にJINSのPC眼鏡を入れたまま忘れていた」ことに気がついたのです。大したことがないですね。間違いなく。大したことがないのだけど、自分的にはじわじわとくる衝撃。ちょっと悲しかったな。

 

 順を追って説明すると、確かに以前度付きの眼鏡とPC用の眼鏡を買った気がするのです。確か度付きの眼鏡のフレームが歪んでしまって買い替えたのではなかったかな。複数眼鏡を買うとお得みたいだったので、PC用の眼鏡もそのとき買ったのだった。

 ただ整理整頓がとても苦手なので、よく使う引き出しの中にえいやっと入れたまま、PC眼鏡の存在を忘れていたようです。そういうことは、ままある。PC眼鏡だけでなく。だからこそ、色んなものに埋もれてしまって存在を忘れてしまった、ということであるようです。見えないと人は認識しないのです。忘れてしまう。

 

 机を整理整頓していたときに、PC眼鏡が数カ月ぶりに出てきて。ちょうど「PC眼鏡買おうかな」と思っていた頃合いだったので、違うものを買わずに済んで良かったのだけど、自分が何を持っているのか、自分が何を買ったのか、それらを把握できていないのはマズイだろう、とショックを受けたのだった。

 必要ないものを一斉に処分しているときに発見したPC眼鏡だったので、自分がこんなに捨てないといけないぐらい、ものを持て余しているのか…という悲しさのダブルパンチだったのです。

 

 

 ものを買うことは好きだ。自分の中の考え方と照らし合わせながら、とびっきり良いものを選んで買うことが、好きだ。

 そして、ものを捨てるのは忍びない。なぜこんなにものを買ってしまったのだろう?と悲しくなるのだ。ちゃんと使いきれなかったこと。ごみとして捨ててしまうことの罪悪感。失ってしまったお金。

 ものを買う楽しみと、ものを使う実用性。これをもうそろそろ噛み合わせたい。本当に必要なものだけ手元に置いて、PC眼鏡を失くしてしまうぐらいごちゃごちゃな状態にはしない。きちんとものを把握しながら、生活していたい。

 

 そんなところだ。

 

 ちなみに、この文章はきちんとPC眼鏡をかけて書いている。ブルーライトがカットされている感じはしないけれど、目の負担が軽減されていればいいけれど。