読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福の日々

私-好きなこと=ブログ、です。

20170127 私、失敗したくないので

「私、失敗しないので」

これは、天才外科医である大門未知子の決め台詞である。

 

「私、失敗したくないので」

これは、普通の一般人である私の、ひそかな…なんだろ、ポリシー…じゃないな、私の個性であり、同時に弱点だ。

 

私は、失敗したくない人間なんだな、と思ったことがあった。

プライドも高いし、他人より秀でていたいという思いも持っている。それは必ずしも悪いことではなく、自分を高めようとする向上心にもつながるだろうから、要は取り扱いの問題なんだと思う。

 

「失敗したくない」

だから私は慎重だ。実際細かいことは苦手だし、私よりよっぽど慎重に丁寧に事を運ぶ人はたくさんいる。「私、慎重なんです」と言っても、多分普段のイメージからだと信じてもらえない気がする。私は自由奔放だ。自由気ままにやっているけれど、自由気ままにやる範囲は「私が想定した範囲内」でのことだ。ここからここまでは、何があってもOK。ある程度起こりうることは想定しているし、万が一失敗したとしてもそれは織り込み済み。そんな枠内で気ままにやっている。例えをあげるなら、私は海外旅行に行こう思ったことが、ない。それは、海外旅行で起こりうることが現段階の私の脳内で考えられることの範囲外だからかもしれない。つまり、よくわかんない。多分なんとなかるんだけど、どのようになんとかなるのか、それが皆目見当がつかないようなイメージ。

 

失敗したくない私は、検索魔である。

行こうと思っているお店の評判。買おうと思っているゲームのレビュー。観ようと思っている映画の感想。これから着手するあらゆることについての情報を、あらかじめ入手したいという欲求を抑えることができない。そんなことをしていると、結構世界はつまらないんじゃないか。世界は広がらないんじゃないか。今の私はそんなことを考えている。

 

おいしくなくても、面白くなくてもいいじゃないか。ショートカットをして、最短ルートで生きたいな~なんて、らしくないことを時々一生懸命実行しようとするのだ。失敗しちゃえ。そう思う。失敗しないように、そう生きていると人生つまらないものじゃないかって、思うから。

 

ということで、具体的には、何かに取り掛かるとき、つい調べる癖を直すことができまいが、できるだけ検索しないように頑張る。一番いいのは、スマホとかPCとかを物理的に遠ざけることだな。なんて。