読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福の日々

私-好きなこと=ブログ、です。

20161024 【ストレングスファインダー】どうしても知りたかったから、34資質調べてみたよ!の結果

 

dorian91.hatenadiary.jp

  ストレングスファインダーの話です。

 ほぼこのテストの信者と化しているので、「自分の弱点・弱みを知りたい!というのは回復志向的」なんて言ってしまうのですが。どうしても自分の弱いところが知りたいということで、大枚をはたいて34資質すべてオープンしてみました!や~面白かった。自分で落とし込むがてら、ここに書いてきたいと思います。

 

おさらい

私の強みベスト5

1.収集心

2.適応性

3.内省

4.着想

5.回復志向

 

となりました。

 

私の弱み、想像で挙げてみる

 オープンにする前に、事前に34資質の説明を見て、私が弱そうなやつを挙げてみました。

・共感性

 あまり人の気持ちを察するのが上手くないと自覚しているから。また感情移入しないから。

 

・競争性

 競うことに価値を見出せない。オリンピックとか結構苦手かもしれない。楽しんでみるけど、勝敗が明らかに決まってしまうものは実は好きではない。技術とかそういう部分を見て楽しんでいる。

 

・規律性

 ルールが苦手

 

・社交性

 人嫌い

 

・目標志向

 目標ってよくわからない

 

・指令性

 自分の意見を他人に押し付けるのが嫌い

 

などなど。

 

私の強みワースト5

30.コミュニケーション

31.分析思考

32.規律性

33.競争性

34.調和性

 

となりました。

自分で挙げていた「ここ自分弱いかも・・・」と思っていた強みは、割と下位でした。ただ共感性だけ上の方でしたね比較的。自分で分析した結果もそれなりに当たりました。

 

 では1つずつ見ていきましょう。引用はすべてhttp://ストレングスファインダー.com/から引っ張ってます。

 

34.調和性

  • 衝突や摩擦から得るものは何も無いと考え、そのような争いを最小限にしようとする。
  • 周囲が異なる意見を戦わせている場面では、その中の共通部分を見出そうとする。
  • 自分の意見を他人に押し付けるために費やす時間を「無駄」と考える傾向にある。
  • 意見を戦わせるのではなく、「同意」や「支援」を示すことが最大の生産性につながるという考えを持っていることが多い。
  • 他人の意見や主張に対しては沈黙を守り、その人がある方向に動き出せば喜んでそれに合わせて自身の目標も修正する。
  • 全員が賛同出来るような、地に足の着いた事柄について話すことを好む。また、そのような終着点へ持っていく能力に長けている。

 

 「調停者」という言葉がまず浮かびます。

 これが最下位?もっとダメそうな資質たくさんあるんですけど?と、?が浮かんだのですが考えてみましょう。

 私が常々願っているイメージの1つに、「みんながそれぞれの意見を主張し合いお互い有用に使えること」というものがあります。要は我慢しないで、言いたい事言って、お互いそこから学んでいこうよ!という気持ちです。もちろん礼節を持つことは必要ですが。そういうイメージから考えると、「調和性」というのは反対な素質であるようにも思えます。

 アイデアを出すことは得意です。また相手のアイデアをもっと知りたいと考えています。多分「収集心」的な考えでしょう。色んな価値観をどんどん盤上に置いていって、しかし私はそこから「中間点」を探すのは不得意かもしれません。だからその役割は誰かにお願いした方が良さそうですね(笑)

 

33.競争性

  • 【競争性】を強みに持つ人の力の根源は「比較」から生まれる。
  • 他人の成果が究極の評価基準であり、世の中を見渡すとき直感的に他人の成果を気にする。
  • 競争相手を超える出来映えにならなければ、どれだけの成果でも無意味に感じる。
  • 他人との「比較」を常に求めており、人生には競争相手が必要となる。
  • 他人に勝ったときの喜びを無上のものと考える。
  • 測定可能な物事が好きである。
  • コンテストを好む傾向がある。特に、かつ可能性が高いコンテストは尚更である。逆に、コンテストであってもかつ見込みが低いものは避ける傾向にある。
  • 負けたときでも感情を表に出さずに礼儀正しく振る舞えることが多い。

  やーこれはわかる。めちゃめちゃわかる。まず競争が嫌い。相手の持ち物を欲しいとは思わない。相手より優れたいとは思わない。

 競争が激しい環境にいても、競争自体を気にしないから私自身は大丈夫。しかし、例えば明確に相手より優れなければいけない!それが仕事!っていう環境だと参ってしまう恐れがありそう。

 

32.規律性

  • 周囲で起こることを全て予期したいと感じる。
  • 秩序正しい計画を好む。
  • 毎日の日課を決める傾向がある。
  • 物事の締め切りや進捗状況の管理に力を発揮する。
  • 長期的なプロジェクトを小さな塊に分割し、一つ一つを着実に片付けられる。
  • 人生の中で起こる予期不能な出来事でも、「コントロールできている」と感じていたい。
  • 誰もが自分と同じように「物事を予期したい」と望んでいないことを理解すると、他人との衝突を避けやすくなる。
  • あなたが望む「秩序立て」が、あなたの日々の生活における生産性と前進に必要不可欠なものであることを周囲に理解してもらえるとより高い成果が出せるようになる。

 

 あー。なるほど、と。ここはどちらかというと資質の不向きが表れていますね。

 私自身は実は「規律性がある人間」にとても憧れているんです。自分にはそれがないから(考え自体が回復志向的)。きちっとやるべきことを毎日コツコツやることができる人になりたいと願ってきて、事実、ここ数年はそうなろうと努力しているところもあるのにどうも身につかない。まあ不向きというか、苦手な分野であることは間違いがないですね。「今が大事」なのだけど、私は「毎日コツコツしっかりやる」というよりは、「不確定要素な毎日」を楽しんでしまう方なのかもしれません。なので潔く諦めます(諦められないのが欠点を改善したい回復志向の性)。直しつつ、しかし前に進むことを止めないでいきたいものですね。計画は苦手なようなので、誰かにお願いします。

 

31.分析思考

  • 他人の意見や主張に対して、完全に理論だてられた堅固さを強く求める。
  • 自分自身を客観的で公平であると考えており、そうあるための要求として相手にも厳しく理論だてた主張を要求する。
  • 客観的なデータを好み、データを見るとパターンや関連性を探し出そうとする。
  • 理論だてて導きだした推測と、現実の結果とが一致してることを知りたがる。この特性により、現象の大元にある根本的な理由を探し当てる能力に長ける。
  • 人からは論理的で厳格であると評価されることが多い。
  • 「非現実的な考え」や「整理されていない考え」に対して、意見や改善案を求められることが多い。
  • 自身の分析結果を相手に柔らかく伝えることがベターな結果につながる。厳しすぎる意見を聞かされると、聞いた相手はあなたを意識的に避けるようになってしまうことが多々ある。

 

 理論家ではないようです。確かにね。数値とかそういうものには全く興味がありません。故に誰かとディベートしようものなら勝つことができません。もしかしてプレゼン苦手?多分わくわくを提供するだけのプレゼンなら大丈夫でしょうが、より堅固な理論を求められる場は私には向いていなさそうです。説得力に欠けそうですね。

 

30.コミュニケーション

  • 何かを描写したり、人に説明することを好む。
  • 人前で話をしたり、進行役を務めることに長けている。
  • 事実を刺激的な「物語」へと転換させ、命を吹き込むことができる。
  • イデアにイメージと具体例を与え、活力を与えることができる。
  • なんらかの情報を人々の心に残したいと考える傾向にある。
  • ある物事を周囲に印象づけるのに最適なドラマチックで力強い言葉を探す努力をいとわない。また、それによって人々はあなたの話を聞きたいと感じる。
  • 自身が発する言葉から生じるイメージによって、人々を行動へと駆り立てられる。

 

  他者へ「話す」ということを用いて働きかけるコミュニケーション。私にはそれが確かにないですね。話したい事があんまりなくて、そもそも何故人は話すのか、話して何になるのかわからなくなることがあります。こうしてブログを書いているのは、何も誰かと何かを交わしたいからではないんですね。結果的にそうなるのは全然かまわなくて嬉しいことなのですが、ブログは自分の思考を整理するためと誰かがもし見たときに参考になるように「材料」を提供しているに他ありません。

 誰かの前で言葉巧みに話す事も、どうやら向いてないそうです私。

 

まとめ

 ということで、自分で努力するにも大変そうなので、そこのところを踏まえて地道に頑張るか、いっそ手っ取り早く得意そうな人に任せるか、

①調停には向かない。誰かに委ねよう。

②競争が求められる場所には注意。

③コツコツ、しっかりやることがあまり得意ではないので、タスク管理などは他の人にお願いしよう

④論理さが苦手と自覚した上で、相手目線に立つことを意識しよう

⑤話すスキルを磨こう

 

して折り合いをつけてきましょう。