読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福の日々

私-好きなこと=ブログ、です。

20160924 雨の匂い、と、私がやりたいこと

 私は雨が嫌いじゃない。特別好きでもないけれど、嫌いじゃない。

 

 ここのところ、前線の影響か天気が悪い。すっきりとした青空はご無沙汰である。

 自分の身体の丈夫さは本当に自慢できることだけども、天気の変わり目に影響されにくいというのも良いことだ。影響されやすいっていう資質も、超能力みたいですごいと思うな。気圧の変化で頭痛がしたり気分が落ち込むなんて話もあるみたいだけど、当事者としては大変なところもあるのだろう。その点、私は本当に影響されない。

 今日も傘を差して少し歩いた。新しい傘を買ったばかりで、自分で選んだ落ち着いた色の傘はお気に入りである。

 

 雨が降ると、世界は途端に音に満ちる。

 パラパラと雨粒が傘を叩く音は、よく聞くと規則性があるようで乱れているように思える。真剣に聞くと結構飽きないものだ。雨だと人は外出したがらない気もして、心なしか街に人が少ないように思えるのも、いい。そのまま、静かだけど静かじゃない世界のままであってほしいのに。これは雨の日独特の感覚。

 

 

 長らく、自分のやりたいことはなんだろうと考えてきた。

 そういうことを考えること自体、なんだか間違っているような気もしていた。

 

 「そんなこと考えずにさぁ、さっさと目の前のやらないといけないことをやろうぜ。」

 

 至極ごもっとも。私も生産性がない自分がとても嫌いです。

 

 あなたが憧れているものはなんですか?

 あなたの夢はなんですか?

 あなたの目標はなんですか?

 

 うまい回答が、いつまでも見つからない。もしくは、見つかってほしくないのかもしれない。

 

 でも、こんな雨の日に思う。

 雨の日に歩くのって、ちょっと面白いかもね。今まではそう思わなかったけどさ、新しい傘を買って歩くと、心なしかちょっと楽しいんだ。もっともっと楽しく歩きたいからさ、次は履きやすい雨靴を買いたいんだ。

 そう思う生き方じゃ、ダメなの?

 と。

 

 競争するのに疲れて。

 頑張ることに疲れて。

 自分に失望することにも疲れた。

 これ以上、上に這い上がれって言うの?何を目指せって言うの?

 

 半径10mくらいの世界をきちんと愛でていきたいのにね。

 それも本当か、自分でも自信がない。