読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福の日々

私-好きなこと=ブログ、です。

20160706 自己完結型人間のつぶやき

 明日を生きていくために少しでも前を向こう。そのために書く。私が明日を生きるために。なので、今のネガティブな感情を少しでもポジティブなものにしたい、ってのがこれを書く意図です。

 

「自己完結しているね」

私は

 

「自己完結している」

 

と言われます。それが色々なところでネックになっている、と私個人的には思っています。やることなすことに関わってきています。日々の物事の些細な判断とか、例えば就活とか、例えば学業だとか、アルバイトは〜そんな酷いことにはなってない。幸いにも。

 

自己完結とはつまり?

 

何かの物事について、自分自身の中だけで納得したり決着したりしているさま。「周りの人からするとまだ決着ていないのに、独りよがり決着している」といった意味合い否定的に用いられることもある。また、自分自身調べたりして自分だけで疑問課題などを解決できた」という意味で用いられることもあるが、この場合は、「完結」というよりも「解決」が近い。

自己完結とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

私なりの解釈としては

物事の判断を全部自分の中で済ませてしまうこと。

ではないか。

 

長所だと

・物事に対して深く考えることができる

・自立している

・つまり、自分で考えて行動する

・人に左右されない軸を持つ

 

短所はその反対で

・考えすぎて行動を伴わない

・人に相談できず溜め込む

・自分勝手に考え、人のことを考えない

・こだわりがありすぎて面倒

 

 こんな感じでしょうか?まあーそのまんま私です(~_~;)

 

 

ちなみに「自己完結」という言葉に出会う前は

 

「協調性がない」

 

と言われてきました。

自分で言うのもなんですが、

本当何様やねん、こういうことを考えてるからでしょ?

ってよぉーーーくわかるのですが

私は「話が合う」という感覚がずっとわかりませんでした。小学生の頃からそれが不満でした。つまり、100パーセントで話せていない感覚。人といるの、楽しくない。そういう頭でした。

 

 いつもグループの先頭をさらに超えた先で歩いてました。歩幅すら私はみんなと揃えられなかった。実際歩くスピードも速いんです、私。

 

 もうそういう生き方になっていて、どうしていいかわかりません。みんなと合わせるべき?自己完結ってどうすればいいわけ?ってすごい思うんです。「合わせる」という言葉そのものに、そもそも自分の中の人を見下す感じがあるし、自己嫌悪のループの手前で今回は止めますが、なんなの?と思うのです。

 

 とりあえず、言わせてください。

 自己完結型人間、つらいです(笑)

 

 好きでこうなっています。その方が自分自身が楽で、他人よりそちらの方を優先している結果なのだと思います。だけど、他人を蔑ろにしたいわけではないし、割と傷ついていたりする、って言ったらそれは自分勝手なことなのでしょうか?自己完結型人間も、つらいんです。うまく世間と折り合いがつかなくて自信がない故に、さらに自己完結性を増してしまうのではないでしょうか?

 

と、ここまで自分の傷を癒すためにベタベタと言葉を重ねてきました。

 

しかし、ここで終わっても何1つ問題は解決していないことがわかります。じゃあ、「自己完結しているね」という言葉を受けて、具体的にどう行動をすればいいのか、ということが大切でして。

 

自己完結をどうしたいの?

 今日はこれでおしまいにします。

 私は「自己完結」という素質をある程度認めることにしています。自分にもこういう傾向があるのだと。そうした上で、自分にとっても自分の周りの人にとっても、良いことをしたい、なるべく。

 友人は望まないことにしたけど、人と付き合いたくないわけではない。もっと対等に、自分のままで人と関わりたいだけなのに。なぜうまくいかないのか何がうまくいっていないのかそもそもうまくいくってなんなんだ。

 

 私は「私であること」をやめよう、と思っています。自分のことばっかり考えていても、結局わかんないことだらけだし発見もないし、面白いもの楽しいことは外にあるのだと、この十数年で思い至りました。だけどそれは「他人のために生きる」では必ずしもない。自分に固執しないけど、それは他人に興味を持つことと同義ではない。いっそ透明になりたい。空気になりたい。世界の素晴らしいことをたくさん見ていたい。今はそれくらいですか、ね。