潜水日記

思考の記録です。ブログの名前を変えました。

笠をかぶった人(20200118)

いつもより2時間遅く寝て、いつもより2時間遅く起きる。休みの日はスタートが肝心です。何事も2時間遅れで進行している。いつも家を出る2時間後に家を出る。 手袋をしない両手は、首から提げる一眼レフをぎゅっと握り、電車の中でやっと解けたときには寒さで…

なにもない(20200114)

もう落ち込まないのだ。 落ち込むとしたら未知のことに対してだけ。今まで落ち込んできたことに関しては、もう穴に落ちないぞー、という確かな気持ち。タオルケットを裸足でなぞりながらこれを書いています。ライナスの毛布ならぬ、私のタオルケット。タオル…

マグロの皮(20200113)

マグロの中落ちが夕食だったので、スプーンでごしごし赤身を掬い取ってはボウルに移す。指から伝わる熱ですぐに脂がとろけてしまい、最初は「美味しそうだな」と思ってウキウキしていたのだが、脂でまな板がてろてろになってくるとうんざりしてくるのだから…

お出かけ(20200112)

出かける。 鬱々とした時ほど外に出かけた方がいい、というのはここ数年の過ごし方及び精神状況とを照らし合わせた結果得た結論であり、学習する(本当かい?)私はちゃんと出かけることにした。外に出かけて疲れることはあれど鬱々が悪化することは実は無い…

ある夕暮れの今日(20200110)

江國香織『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』ハードカバーの方をなんと80円で手に入れてしまい、それと必要な細々としたものをリュックに入れて(とても機能的で素晴らしいリュック)私は外に飛び出した。私ってば「外に飛び出した」という日記の始め…

ジャグジー(20190104)

バグダッド空港でイラン司令官がアメリカの空爆によって命を落としたその何十時間後に、私は東の島国で一人ジャグジーを満喫していた。その体を包み込む湯の温かさやぶくぶくと絶え間なく湧き続ける泡は、きっと化石燃料失くしては成り立たないのだろうなと…

方針(20200103)

何者かになることに疲れた、というか飽いた。ようやく私生きていけるかもしれない2020。そんな気がするような、しないような。きっとそのうちガクッと落ち込むのだろうな…それもわかっただけ進歩というか伊達に落ち込んできてないよ、って感じがする。 以前…

日記(20191231)

年末も年末に風邪を引く。鼻風邪から始まり、筋肉痛、倦怠感、熱っぽさ、喉の痛み。そして耳の痛み。とろとろと寝込むうちに、真夏の通り雨が過ぎ去り穏やかな夏空があらわれるが如く体の怠さが引いていった。 この日は家に居ないようにしようと思っていたの…

横浜を歩く(20191230)

横浜へ。 ウルトラライトダウンジャケット 機能性抜群。暖かく軽くコンパクトになる。そしてウルトラライトダウンジャケットを一たび着たら、たちまち「ウルトラライトダウンジャケットを着ている人」に染め上げてしまう力強さが、なんといってもこのアウタ…

私は白ニットが似合わない(20191229)

人に会う用の服に乏しい。ガサゴソとタンスを引っ掻きまわし見つけた白ニットを頭から被り鏡を見て、10秒後、私はそれを脱いでしまった。 「私は〇〇だと思う」 呪いの言葉だ。他人からかけられたものも自分でかけてしまったものもあると思う。この呪いから…

12月26日の文章(20191226)

段落というものがよくわからない。ただ熱量だけで文章を書きたい。今回はそんな文章。今考えていること。特にない。いや。ある。それをつらつら書こうとしている。2020年がどうだとか、2019年がどうだったとか、そんなものはない。映画と美術館とライブDVDそ…

聖なる日(20191224)

いつも気になる洒落たバルの軒先でむくむくのダウンを着た女の人がリゾット入りのチキンを売っている。寒そう。煌々と看板がひかるコンビニの前で、サンタクロース三人衆がケーキやらシャンパンやらを売っている。とても寒そう。いい感じのピザ屋さんは普段…

日記(20191222)

冬の雨 平日の雨は呪いたくなるけれど、休日の雨は嬉しい、と思いたい。今日は雨が途中から降ってきました。今すぐ布団に飛び込みたくなるほど疲弊していて足どりがどうも重たいそんな夜道。雨がしとしとと降る音と、艶やかに街灯の灯りで光るアスファルトを…

思わず(20191220)

思わず。咄嗟に。隠れていた自分が表出する。 意図せず強い表現が自分の口からこぼれてしまった時、少しだけ動揺する。私以外の人にはバレないように咄嗟に平静を装い会話を続ける。胸のドキドキは止まらない。 私にはわかっていないことが多すぎる。気を配…

裁断する(20191219)

警備員さんが好きだ。 具体的に言うと、通勤で利用する駅にいる警備員さんのアナウンスが好きだ。その警備員さんがいると(よくわからないけどいない時もある)嬉しくなっている自分がいることに今日気づいた。 切れ味の良いナイフをその警備員さんは持って…

月曜日は元気(20191216)

奔放であるということ 江國香織『真昼なのに昏い部屋』を読む。感想は余裕があればまたまとめたいところだけど、他の人の感想を読んでいて「ふむ…」と考えることがあったので、これを書きながら思考をまとめていきたい。 これは男性と女性の相違を描いた作品…

炒まった玉ねぎの匂い(20191215)

出かけた翌日ということもあり慎ましく一日を送ることを己に誓って朝が来た。 スリッパ 100万円あげるよと言われたら簡単に折れる、多分1万円でも折れる、1000円でも折れる、でも100円ならこちらを通す、そんな好悪が至る所にある。 例えば靴下が苦手だ。普…

多摩動物公園(20191214)

行ってきました。これで、東京都立の葛西臨海水族園、恩賜上野動物園、井の頭自然文化園、そして多摩動物公園、制覇したことに。別に制覇しようと思っていたわけでは無く成り行き上図らずも制覇することになった。 久しぶりに青空にふれた気がする 園内は広…

ペンケース(20191213)

筆箱を買った。とても良い買い物をしたと思っているので嬉しい。めっちゃ嬉しい。この嬉しさが今後摩耗していくのかと思うととても悲しくなってくる。一回目出会った時は値段に慄き(ペンケースらしからぬ堂々としたお値段!)その日は300円くらいのノートを…

世界の余剰分の幸せ(20191211)

後輩のHくんといわゆる恋仲になっている夢を見る。何故かわたしはHを背負いとぼとぼ歩きながら話している。Hは負傷しているわけでもあるまいに。何故。背中で感じる重みが生々しく、起きてもなんだか怠さが残ってて不快な夢だった。ふわりふわりと流れてきた…

眠い(20191208)

泳ぐ。泳ぐことが好きなのだ。走ることより泳ぐことの方が好き。泳ぐのはきついよ。全身運動と言われている所為か、泳ぎ終わった後は体がずーーーーんと重たくなる。「いい夢見ろよ。」「言われなくても。」布団に潜ったら3分で眠ることができる自信が私には…

リハビリ(20191207)

書けているか。書けていない。調子が悪い。やっぱり曇天は苦手だ。カチコチに固まった何かを書くことでほぐしていかねばなるまい。でも書けていないから私はどんどん死んでいく。リハビリの文章。 2019/12/03のメモより 深く深く潜りたいと改めて思う今日こ…

井の頭公園(20191201)

公園は私を嬉しくさせる、アゲイン 池のきらめきをカメラでとらえられるようにしたい、将来的には 多少なりとも都内の公園を散策してきて、井の頭公園、なんというか「整備されていない、土っぽさ」を感じた。それは否定的な意味ではなく、特徴として。こぎ…

催促(20191130)

「人生やることがない割に、先が長くない?」 とある知人から某コミュニケーションアプリで連絡が来て、わたしは今日この時まで逆の意味でその言葉を捉えていた。「人生やることがないけれど、先が長いわけでもない」と。たしかに自分はいつ死んでもおかしく…

しんどさ(20191127)

明日のことなんて考えられない! という夜が、まあ、たまにあります。今日もそんな日ですね。昨日もそんな日でした。明日はどうでしょう。木曜日だからもう少しマシになってる気もします。皆さんはあるのでしょうか。わたし本当に疑問。みんなどうやって生き…

丸めたコート(20191125)

安いコートをぐしゃっと丸めてその中に頭をぼふっと突っ込んで電車の座席で前かがみに寝ている人間がいたら、それはきっと私だった。「ぼふっと」という言葉がこの際適切で、ただそれだけを叫びたかったのでこの文章を書きました。月曜日が一番元気で、一番…

注意深く(20191124)

運動するときそこにあるのは「こうなりたい」ではなく「何が起こっているのか」という眼差し。注意深く見つめることが、わたしは好きなのかもしれない。どうしておざなりになってしまうのだろう。集中力が途切れてしまう。ほかほかの肉まんみたいに蒸されて…

代々木公園(20191123)

どん。 公園は私を嬉しくさせる 公園に向かう前に牛丼を調達する。自然の中でジャンクな牛丼を一度食べてみたかったのだ。 大盛りを頼んでしまった。すごくお腹がいっぱいになった 公園を取り囲む街の中にはあれほど人が大勢歩いていたのに、園内に入ってし…

バカンス(20191121)

金曜日はドリカムの『決戦は金曜日』よりも宇多田ヒカルの『二時間だけのバカンス』が頭の中で流れる。南の島。逃避行。バカンス。休むのは苦手。でも、休みたい。こんなことが続くなんて、と思ったが最後、私はきっと道の真ん中で膝から崩れ落ちて座り込ん…

梅酒(20191120)

いつぞやの梅酒 でも私がいちばん仕事上がりに飲みたいのは、冷蔵庫でキンキンに冷やされた烏龍茶。市販のお茶パックを薬缶で煮だして冷やしたやつ。これがいちばん美味しくて、きっと風呂上がりのビールもこんな味なんだ、って私は思っている。酔わずに酔っ…