ベランダの実験室

思考の記録です。

20171016 問題ありの私

私には問題がある。例えば、私はよく泣く。悲しくて泣くのではない。悲しくて悔しくて泣くときもあるけれど、大概は整理しきれない感情が押し寄せて、思わず泣いてしまう。突然泣くからきっと周囲には引かれてしまうだろう。そう思うから、私は人前で泣くの…

20171011 隔日が好きだ

私は隔日が好きである。つまり「一日おき」が好きである。何事も一日おきで考えると、ものすごく時間が過ぎるのが早くなる。ONとOFFが明快で、すごく良い。 例えば、今、このブログもなんとなく隔日で更新している。毎日というのはなかなかしんどいが、2分の…

20171009 こんなに美しいものがあるのだから、世界はまだ大丈夫

と思って生きている。 具体的に言うと、私は小説や映画や音楽やアニメや景色が好きな人間で、実際に生きている人間よりそちらの方がよっぽど綺麗だな、おかしいな、興味深いなと思っているのだけれど、こんなに面白くて楽しくて考えさせてくれるものがこの世…

20171005 想像の向こう

自分が見てきた風景や感じた感情を、その時その場でつなぎ留めたいと思っている。 誰かと共有したいとかそういうことではなく、「自分は確かに生きている」という証拠として残しておきたい。具体的に言うと、写真なりメモのようなものなり残していたい。ブロ…

amazarashiのキーホルダーを持ったあの人は、いい人に違いない

amazarashiのキーホルダーを持ったあの人は、いい人に違いない 電車に乗っていて、人が色々な方向からやってきてはすれ違う構内を抜け、人が行く先まっしぐらに進む様はまるで弾丸のようね、と思いながら少し消耗し、別路線へ乗換を試みる。 ふと前を歩く人…

20170930 私たちはまだ友だちでいられるか

昔の知り合いに会うたびに、ただでさえ少ない人脈がばっさばっさ切れていくような感覚をおぼえる。別に喧嘩したとか気まずくなったとかではない。「切れた」ではなくどちらかというと「(自分が)切った」と言った方がいいと思う。私のせい。私が、悪い。い…

20170929 このところの話

環境が色々変わって色々と精神が落ち着かなかったのだが、結果的に3週間ぐらいで落ち着いた模様。とりあえず大丈夫そうである。あとは「飽き」との勝負であるが、当分は退屈しないと思われるので生きていける。そして、自分の心身の調子を崩さないことを第一…

20170921 労働と時間を奪う人

労働をしている。私はフルタイムで働いている。「えー院生だと思った」「大学院行かないの?」とそういえば言われた。結構この言葉が嬉しかった。なんでそう言われたのでしょうね。あまりに社会に馴染めなさそうだからかな。もっともな意見だと思います。大…

20170919 今日の気分

連休明けの平日。それほどダメージがない。むしろ午後からはエンジンがかかって調子が良かった。 自分の気分を観察してみると、どん底と能天気と交互にやってくるものだと思うし1日でも気分が非常に変わりやすいのがわかる。私はとても気分屋だ。 調子が良か…

20170918 日記

この3連休は引きこもっていた。習慣の週一図書館通いはできたので、まだマシだとも言える。かなり億劫だったけれどなんとか本を借りることができたので、この1週間も無事に過ごせそうである。 自分の状態を観察していて、1つ気がついたことがある。 日常の細…

20170914 言葉の厳密性

「厳密」とは kotobank.jp 好き勝手に言葉を使っていたらいつのまにか上手くコミュニケーションができなくなっていました、みたいな状況である。言葉を厳密に扱うのが、どうやら私は苦手っぽい。すごく息苦しい。でも相手からしたらおめーの言っていること意…

20170911 着たい服を着る、ただそれだけで

色々な事情?があり、普段来ている服を今日から替えることとなった。非常にぼんやりとした表現になっているが、そういうことになった。前はあんまり自分が着たい服じゃなかった。今日から自分がより着たい服を着ることにした。途端に、やる気がでる。やっぱ…

しんどいので何がしんどいか書き殴ります

状況:5年ぶりくらいに会う、学生時代の友人たちとの食事会@普通のショッピングモールにあるお洒落なカフェ・単純に歩き疲れた・自分の近況を話すのがだるい・気を遣う・この歳になると現実味を帯びてくる「結婚問題」・結婚する気もない、ということをバッサ…

20170905 ノートを買う

ノートを買った。 ノートを買うなんて日常的な行為なのだけれど、とにかく買った。 B5サイズで小さめのタイプ。 そこには日常の色々なことをとにかくドバドバ書こうと思っているのだ。雑記帳、と言えばいいのかな。同じようなことは今までもやってきたのだけ…

20170903 怠惰な私の呟き

生きていたくないな、と思う瞬間は確かにある。「死にたい」でもない「消えたい」でもない、ただただ「生きていたくない」と思う瞬間が。本当に些細な出来事でだ。 例えば、私は服を選ぶことがだいぶ苦手で、ユニクロか無印良品かGUで全部揃えようと決意する…

20170823 寝る・食べる・動く 世界をたくさん持つ

気に入らないことがあった。 自分はとてもむしゃくしゃしていると思った。 何もかも真っ黒だし、もういっそことみんないなくなっちゃえ、と思った。落ち着いてみるとそれは非常に幼稚な感情だとわかるけれど、無論そんなことは考えられない。 自分が衝動的で…

20170821 その言葉を発するとき、私は自分で自分の背中を指している

特別なことがあったわけではないけれど、自分が発する言葉は自分の背中を指しているのだなということを考えた1日だった。他の言葉で言うと「自分で自分の首を絞めている」? 「炎上」という言葉が使われるようになった。たくさんの人が自分の意見を手軽に発…

20170819 私がその舞台に立ったとして、

私のスマホにインストールされているLINEアプリは、滅多なことで通知を寄こしてこない。月に1,2回程度なのではないかな、誰かが私に連絡を寄こしてくるのは。その「滅多にない」出来事が、最近あった。 メッセージの送り主は、高校の時のクラスメイト。そし…

20170819 はじめに

文章をリセットしました 今まで書いてきた文章を、すべて消してしまった。 読んでくださった方がいたら本当に申し訳ない。書いてきた文章が嫌いだったのではなく、何か、こう、自分のなかでモヤモヤすることがあり消してしまった。 ブログを立ち上げる際、こ…