読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝福の日々

私-好きなこと=ブログ、です。

虚ろに忍び込む者

 虚ろに忍び込む

 やることがあって、今は時間が色々と限られている。限られている時間のなかでやりたいことをどうやろうか?ということを考える日々だ。今日は雨がたくさん降っていて、もう少し気持ちに余裕があればその雨も愛おしいと思えたような気がする、たいそうな降りだった。私は大雨が嫌いじゃない(ただし靴がびしょびしょ濡れることは嫌いであるが)。気持ちに余裕がなかったな、今日は。疲れていた気がする。理由はいくつかあって、上手く起きることができなかったことや、電車が遅れて間に合うかどうか焦っていたのもある。気持ちに余裕がなくて、久々に気分が滅入る。気分が落ち込んで、今日はこれを書いている。

 虚ろ、というのは、身体が虚しさでいっぱいって状態だ。虚しさでいっぱいだけど、空っぽの状態。実は忙しいと落ち込まない。今までたびたび気が滅入っていたのは、私自身ものすごい暇だったからではないだろうか?やることがなくて、自分の事ばかり考えないといけないような感じだった。身の回りの世界で色んなものを判断して、世界にはもっと色んな考え方もあるだろうに、その狭い世界で色んなことを判断せざるをえなかった。だからストレスが溜まっていたような。虚ろには色んなものが忍び込む。あんまりよくない者たちばかりだ。だから、空っぽにならないように大したものじゃなくて詰め込みたい。今日は何を楽しみに生きようかなとか。ドラマでも食べ物でも誰かとおしゃべりすることでも、コンビニのコーヒーでも。漫画でも動画でも小説でも、なんでも。些細ながらくたでいいの。それを私にいっぱい詰め込みたい。そうやっていれば、良くない者が空っぽにつけ入ることもないから。

 考えても仕方のないことは、考えない。考えて苦しいことは考えない。考えたいなぁって思うことは考えるけど、それもきちんと考えて。

 将来どうなるとか、自分はどういう人間だとか、飲み会で上手く話せなかったなとか、そういうことは考えないの。どうしようもないことで、自分をいっぱいにしないで。

革のしなり

 社会人になる前にやったこととして、一番良かったことは「バッグを買ったこと」であった。通勤に使える黒の革の鞄。自分がアルバイトで1カ月に稼ぐ金額と同じくらいの、買うのにとってもとっても勇気がいる鞄。でも、買って良かったなって、使い始めてすぐにわかった。

 使われている革は牛の本革で、素材はとても柔らかい。天然の素材である証である、唯一無二の革の凹凸。でも艶やかで滑らかで、ひんやりしていて、ぎゅっと抱きしめたくなる鞄なのである。この鞄を買ったからには当分はちゃんと働くぞ!って思える素敵な鞄なのだ。

 ちゃんと鞄を大事にしたくて、ブラシとクリームと防水スプレーも買っちゃったんだから!そういうメンテナンスの楽しみまで含めて、革製品は愛おしい。もちろんお値段もそれなりにするのでたくさんは持てないけれど、少しずつ気に入ったものを集めていけたらいいなと思っている。ほんと鞄を使いたくて毎日出勤しているってのもあながち嘘じゃないくらい、好きな鞄。

毎日書く

毎日書くことにした

 このブログについては、当分は毎日更新をしようと思っています。

 

毎日の理由

 日々生きていることを実感したいから、という、真面目な理由を挙げてみる。結構、本気で思っていて、というのも、気を抜くと限りある一日のことを憎んでしまうような暗い気持ちになることがたまにあるのだけど、そういうのがものすごく嫌なのだ。人生を惜しんでいるというか、ああ今日も素敵な日だったね、って言って布団でぐっすり眠りたい。惰性と繰り返しのように思える日々とさようならをしたいから、今日は今日だったねということをはっきりさせるために、私は文章を書こうと思っています。

 

内容

 ということで、内容は本当に短く大したことは書かないつもりです。その日思ったことをただ書ければいいのかな、と。

 

「人の記録」が好き

 私は、人のブログを見るのが好きでして。誰のブログでもいいのか言われるとそれは違うけれど、ああいいなぁ、と思えればそのブログを毎日見るようにしている。

 私が「ああいいなぁ」と思うのは、多分価値観に親しみを抱くことができるブログなのだと思う。文章からその人が透けて見えるブログは、好きだ。だから、私もそういうのが書きたい。静かに、ただ書きたい。

 

ということで

 書きます。

 

今日のこと

 恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を3回目の読了。3回目にして音楽が気になってきた。作中に出ている作品をいくつか聴いてみて、クラシック音楽って面白いなぁと思った。ちょっとずつ聴いていく予感。また楽しみなものが増えた。それとうずらの卵を醤油と砂糖と酢を混ぜた液に浸して、煮卵を作る。一晩かけて漬ける。漬物ってのも面白い。待つ楽しみ。今日は時折激しく雨が降ることも。そういうなか傘を差しながら歩くのも風情があると思いたいけれど、今日はできなかったな。梅雨の時期まで待ちましょう。

 

散歩の余白に耐えられない

 私はよく駅と駅の間を歩く。都会に行くと一駅の感覚は比較的近く、複数の路線が入り乱れているとさらに駅同士は近くなることも。複数路線を使わないといけないとき、私は出発地点の駅から乗換の駅まで歩いたりして、気分転換をすることがある。定期圏外なら+節約(といっても電車の賃金は飲食代に使用するより安い)の意味も込めて。

 散歩をするとき、私には大抵目的地があり音楽がある。どこどこに何時までに行く必要があって、その道中はよく好きな音楽を聴くのだ。目的も音楽もない散歩は、あまりしたことがない。

 今日は、葱を買いにスーパーに行くことにした。汁物に入れる葱がとてもおいしいことに気がついたからだ。葱が食べたい。あとは料理を趣味にしようと思うので、今まで作ったことがない料理を作るため、食材も手に入れたかった。歩く。お店まで歩く。珍しく音楽は持ち歩かない。乗り物も使わない。自分の足で、一歩一歩足を動かす。…暇だ。暇だ、というのはおかしい話だけれど。だって今まさに買い物に出かけているのだし。でも、暇だ。時間の進みが遅い。考えることが何もない。でも無心でもいられない。考えることが何もない、ということについて考えてしまう。運動しているときは、考えているかどうかということすら考えていない。そこまで無にはなれない。歩くことは肉体的にそれほどきつくないからだ。散歩の余白に私は今耐えることができてない、と思った。自分の進みが遅いことがまどろっこしい。考えることもないけど退屈なのも面白くない。散歩。難しい。そういうことを考えていたら、お店に着いてしまったけれど。

 散歩、ね。なんとなく感覚的に散歩ができるようになったほうがいい気がしている。趣味:散歩です。素敵じゃないか。散歩の余白はいい余白。スマホを手に持ち、布団でゴロゴロしているのは、ちょっと後ろめたい余白。ふむ。難しいと思った。

金曜日の夜の誘惑

 フルタイムで働くようになって最初の金曜日。私は一人映画を観に行く。こうやって、夜にちょっと冒険をしていくことがこれから増えてくるだろう。なにせ日中はお仕事だから。帰り道は、自宅の最寄りの路線が通る駅まで歩く。そうだ、いつも驚くことだけれど、googleの地図から想像する街並みと現実の街は全然違っていて、駅の改札を通ると新鮮な気持ちになる。思ったよりビルが無いなぁとか、逆に高い建物が多くて空が小さいやとか。行ってみないと、わからないものだその街のことなんて。夜道を一人歩くのは少々怖いことだけれど、気を抜かず歩く。途中で川に架かる橋を渡る。川の両岸には桜が咲き乱れていて、この春で一番きれいな桜だと思った。わざわざ人が多い桜の名所に足を運ばなくても、桜は色んなところにある。桜はこの週末が見ごろだろうか。月も綺麗だった。風は生暖かくて、空気が柔らかい。湿気を含んでいる。線路と交差するように伸びる大通りを抜け、ムシムシしている車内に滑り込む。夜遅い電車の車内は苦手だけれど、頑張る。22時就寝を心がけている私としてはこの時間に起きているのはだいぶしんどい。でも明日は休みだ。大丈夫。

 季節感を大事に生きようと、この文章を書きながら思う。桜のこととか月のこととか。風のこととか湿気のこととか。今日は(昨日は)素敵な金曜日の夜だった。

ヒートテックへの降伏宣言は、まだ

 ヒートテックは、女の子の共通言語だと思う。私は着たことがないのだけど(暑がりだから)。まだまだ大丈夫だと思っている。本当に耐え切れなくなったら、その時はヒートテックに潔く降伏しよう。この冬も乗り切れたことだし、花粉症とヒートテックとの我慢比べは(我慢しているわけではないけれど。あ、私はまだ花粉症を発症していないんです)いつまで続くのやら。

5日vs2日 他

5日vs2日

 4月から新生活ということで、自分をとりまく環境が変わった。とりあえず、死なないように生きていこうと思っている。

 まだまだよくわからないことだらけなので、ずいぶん思い違いをしていることも多いと思う。そんな新米ぴよぴよのひよっこが、それでも思っているのは、働く5日間と休む2日間を同等として捉えるのは嫌だなということである。2日休むために5日働くのか?5日間の疲れを2日で癒すのか?無理だろそれは。完全に回復するためには2日間を棒に振らないといけないような気がしている。そんなの嫌だ。

 ということで、1日のことはその日に完結させようと思う。疲れとかも1日で癒す。やりたいこともその日にちょっとだけでも進める。就寝時間は徹底。睡眠時間の確保は怠らない。

 この先、長いかもしれない人生を思うと、少々嫌気が差すけれど、まあ生きていれば何かが起こるさ。何かを起こすための努力もほどほどにやる。

 

 せめて、ちょっとだけでも違う日にしたくて、桜の写真を撮った。

f:id:dorian91:20170404205539j:plain

 桜はまだまだ満開ではない。桜を撮ったから、今日はいつもと違った日。よし。